/gardening/2431/,1050円,daltexcorp.com,文房具・オフィス用品 , 筆記具 , 鉛筆削り,鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー) 1050円 鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー) 文房具・オフィス用品 筆記具 鉛筆削り 鉛筆削り 10%OFF 家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り アテネブルー 1050円 鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー) 文房具・オフィス用品 筆記具 鉛筆削り 鉛筆削り 10%OFF 家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り アテネブルー /gardening/2431/,1050円,daltexcorp.com,文房具・オフィス用品 , 筆記具 , 鉛筆削り,鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー)

鉛筆削り 人気ショップが最安値挑戦 10%OFF 家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り アテネブルー

鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー)

1050円

鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー)

商品の説明

色:アテネブルー

機能:
1。 5つの歯車が、一般的に使用される5種類のペイントペンを切り取り、透明なクラムボックスを視覚化し、使用法を一目で把握します。
2。自動引き込み式の手動クランク式鉛筆削り。鉛筆をカッターヘッドに挿入した後、常に押すことなくペンを削ることができます。
3。鉛筆を無駄にしないでください。鉛筆を削った後、カッターヘッドはアイドリングしています。ハンドルを反時計回りに2〜3回回して、鉛筆を取り出します。
4。ホブタイプの切削、長い刃物台、スムーズな回転、大容量の切りくずトラフ、切りくず除去の回数を減らします。
5。 ABS素材のボディ、アップグレードされた耐摩耗性指数、より良い全体的な品質、より長い耐用年数。


使用方法:
ツールホルダーの取り外し方法:
1。ナイフホルダーを反時計回りにひねります。
2。ナイフホルダーを取り出します。
3。ツールホルダーを取り付け位置に合わせ、時計回りに回転させます。


仕様:

アイテムタイプ:鉛筆削り
材質:プラスチック+ ABS +スチール
製品サイズ:約。 11.5 x 14.3 x 6.8cm / 4.5 x 5.6 x 2.7インチ(手動測定、わずかな誤差がある場合があります)
適用可能なペンホルダー:さまざまなペンホルダー、トライゴンロッド、6面ロッド、約以下の丸いロッドに適用可能。直径8mm / 0.3インチ
鉛筆削りの数:
1レベ










agt;






鉛筆削り、家庭用オフィスに便利な自動ハンドクランク鉛筆削り(アテネブルー)

緊急情報
24時間以内に緊急情報はありません。
情報提供
3日以内に情報提供はありません。
  • HPリニューアルのお知らせ
    2021年11月1日にHPリニューアル致しました。
    閲覧者が目的のページに素早くたどり着くことができるよう、サイト構造の改善と、「目的別メニュー」を新設しました。
    また、モバイル端末でご覧になった場合も、より見やすい様に最適化を図りました。
    今後も内容の充実を進めてまいります。
    ホームページリニューアル致しました
  • 福島第一原子力発電所の視察
    10月28~29日の2日間、田中委員と伴委員が福島第一原子力発電所を視察しました。
    視察の中で両委員は、さまざまな廃棄物の管理状況やALPS処理水に関連する設備の現場確認、東京電力との意見交換などを行い、引き続き廃炉作業を安全に進めるための議論や活動に活かしていきます。
    特定原子力施設監視・評価検討会
  • 公開会合の一般傍聴を再開します
    緊急事態宣言が解除されたため、感染防止対策を実施した上で公開会合の一般傍聴を受け付けます。会合の様子はYouTubeやniconicoの原子力規制委員会公式チャンネルでの映像配信でもご覧いただけます。
    YouTubeチャンネルページ
    niconicoチャンネルページ
  • 日本原電本店で原子力規制検査
    敦賀発電所2号機の新規制基準適合性審査で審査資料のボーリング柱状図データの書き換えについて、10月4、5日、日本原子力発電本店を訪れ原子力規制検査を実施しました。検査では、資料作成に関する業務プロセスが構築されているかを確認するため、文書や記録等の確認や関係者からの聞き取りを行いました。検査チームは引き続き検査を実施することとしています。
  • 柏崎刈羽原発での核物質防護事案の
    報告書を受理しました
    柏崎刈羽原子力発電所でのID不正使用事案および核物質防護設備の一部機能喪失事案について、9月22日に東京電力から報告書を受理しました。報告書の一部は下記リンクからご覧いただけます。
    引き続き報告内容を精査するなど、追加検査を進めていきます。
    東京電力HD(株)より報告書を受理
ページ
トップへ